auスマホを格安SIMで乗り換える前に知っておきたいこと

格安SIMを利用するには、乗り換え先のMVNOに対応した格安スマホに機種変更するのが近道ですが、愛着のある使い慣れた端末を使い続けたいという方も少なくありません。
格安スマホには無い、独自の機能や個性的な端末は、一度使ったら手放せなくなります。
ほんの数年前までは、一度キャリア端末を持ったら、キャリアを変えずに最後まで使い続けるか、あきらめてキャリアを辞めて格安スマホの中から機種変更する端末を選ぶしかなかった時代もありましたが、現在はSIMロック解除の義務化やau系のMVNOの台頭など、徐々に選択肢は広がりつつあります。
格安SIMは大きく分けてau系とdocomo系があります。
端末により対応、非対応、一部機能が使えなくなる事がありますので事前に確認が必要です。
まずは、APNの設定ができるかを確認してください。
一部の端末でAPNを設定できない、あるいは、プリセット以外の新規追加が出来ない等のケースがあります。
この場合、そもそもMVNOを利用することが出来ません。
auスマホをau系のMVNOへ乗り換える場合は、そのままで使用できます。
docomo系のMVNOへ乗り換える場合は、SIMロック解除が必要になります。
SIMロック解除義務化前に発売された機種は解除不可能な場合があります。
対応周波数の関係から、繋がりにくくなったり、利用地域によっては、そもそも繋がらない場合があります。
SIMロック解除することで、テザリングが使用できなくなる機種があります。
2015年5月のSIMロック解除義務化以降、以上のような弊害のある機種は少なくなってきていますが、念には念を入れて予めご確認ください。